DIY日記(4.壁に穴を開けずに作る本棚編)

壁紙・飾り窓・キッチンまでできあがりました。

お次は、いよいよ店の中に本棚や壁を作っていきますよ~

でもその前に、セメントの床の上にフローリングシートを敷き、床を完成させます

店舗側は靴のまま入っていただくことを考えて、

撥水効果のある店舗用フローリングシートを購入。

縦・横の床の長さを測り、全部で何メートル分必要なのかを

サイト上にある計算機で、計算します。模様がある場合は、

模様の継ぎ目を自然にするために少し長めに購入します。

お店を白木風に仕上げたかったので、フローリングシートも

ピングがかったバニラ色に茶色の模様が入った木目調を選びました

待つこと4日。佐川急便のおじちゃまが「どこに置く?」とおっしゃっても、

「どこでもいいわ~ またうごかせば~」と軽く考えていた私

そう。フローリングシートって、重いんです 持てない・・・

なんとか押したり引っ張ったりしながらお店の右側3分の1だけ

シートを敷いていきます。ここは教室部分になるところなので、

シートの下には、ホームセンターに売っている厚さ0.7cmある

レジャーシートを敷いて弾力を出します。

わ~。なんだかいい感じ

そして端っこの本棚を作りますよ

こちらのお店も退去するときは原状回復しなきゃいけない

ので、なるべく壁に穴を開けたくはありません。

そんな、賃貸テナントDIYの強い味方がこれ、

「ディアウォール」


床から天井まで長さを測り、少しだけ短く柱を切ります。切りすぎても

付属のプレートがあるので平気ですけどね

その柱の上下にディアウォールをつけると・・・

ディアウォール付きの柱が突っ張って、

柱が完成しま~す

教室部分の本棚は柱4本で棚板を3列分ドライバーで打ち込んでいきます。

棚板打ち込むときは、だれかが反対側を持っていてくれると楽なのですが、

一人でやるしかない場合は、

柱を棚板より少し狭めて立て、棚板を斜めに上から入れ、

別の柱を木槌のように使ってガンガンとたたき入れると

もう一方の端を誰かに持ってもらわなくても一人で

ねじうちができますよ

水平器を使って棚板が水平かを確かめていましたが、

途中から面倒になって、結局自分の目で確認しました

そうしてできあがったのが今日の写真です

本棚は、柱の高さを決めるのが大変でしたが、それ以外は

結構さくさくできました。

ありがとう、ディアウォール

カワイイ英語の絵本がいっぱい!!楽しく英語あそび♪ ローレル英語絵本店/英語教室

外国の絵本って こんなにカワイかったの?! 絵本や歌を使うと 英語ってこんなに楽しい!! 英語のプレイランド はじまりはじまり~♪